遺産相続によって、必要になるものが異なることもあるので、役場に確認したり弁護士に相談しましょう。

遺言書を書くときに用意しておくもの

MENU

遺言書を書くときに用意しておくもの

 

自筆で遺言書を遺す場合と、公正証書遺言を作成する場合では、用意するものが変わってきます。

 

自筆遺言書

 

まず、自筆遺言書を遺す場合の準備するものから確認しましょう。

 

遺言書を書かなければいけないので、当然筆記用具が必要になります。
消えたり読めなくなったりしないように鉛筆は避けてボールペンを使用しましょう

 

紙は普通のA4サイズなどで問題ありません。

 

印鑑

そして、重要なのが印鑑です。
これを押さないと遺言書としての効果が無効になってしまいます。

 

以上の物があれば自筆遺言書の作成は問題なく行えます。

 

 

 

公正証書遺言

 

もう1つのタイプの公正証書遺言を残す際は、準備するものが多くなってきます。

 

 

まず、事前準備として遺言書に書く内容を下書きしたメモを用意しましょう。

 

 

次に信頼できる証人を2人以上連れてこなければいけません
2人以上用意できないなら公証人に相談すれば大丈夫です。

 

この2人の住所、職業、氏名や生年月日も無ければいけないので、
手間ですが住民票を用意するのが確実です。

 

 

遺言者の印鑑証明書も必要となるので、役所で発行してもらうようにしてください。

 

 

さらに、遺言者と相続人の関係が分かる戸籍謄本も用意しましょう。

 

場合によっては、土地と建物の登記簿謄本や納税通知書も必要になります。
相続人以外の人に遺産を遺す場合は、その人の住民票もある方が良いです。

 

 

最後に公証人役場に行き依頼をします。
この時に遺言書の下書きと必要書類を持参しましょう。

 

 

ここまでが事前準備となります。

 

役場から指定された日時に遺言者と証人2人以上が出向きます。

 

そこで遺言を遺す人が証人2人の前で遺言内容を確認することになります。
2人以上の証人の前で遺言の内容を確認しなければ公正証書遺言として認められないのです。

 

 

 

自筆の場合は簡単に済みますが、公正証書遺言の場合は非常に多くの手間がかかります。

 

相当特殊な遺産相続をしたいか、
莫大な遺産を遺す時以外は自筆で済ませる方が良いかもしれません。

 

何が必要になるかは遺産相続によって異なることもあるので、
役場に確認したり弁護士に相談するようにしてみてください。

 

無料で相談を受け付けている場所も多くあります。

 

<⇒遺言書のメリット・デメリット