公正証書遺言は相続する遺産の金額により手数料が定められています。

遺言書を作成してもらう費用

MENU

遺言書を作成してもらう費用

 

費用

 

遺言書を別の誰かに作成してもらう場合の費用を知っているでしょうか?
確実に効果を持った遺言書にしたいと思い、弁護士や行政書士に依頼したい人も居るでしょう。

 

まず、そもそも自筆で書いた遺言書は無料です。
お金は発生しません。

 

ですが、有料で作成してもらう場合には数万円の費用が発生します。

 

しかし、遺言書は、
自筆でなければ効力が無いため、文案を作成してもらい書き写す必要はあります

 

この時、一緒に遺言書の保管と遺言執行者も同時に依頼すれば、
確実に正しく遺言が実行されるでしょう。

 

ただし、遺言の保管料や遺言執行費用は別に発生しますので、確認するようにしてください。

 

 

他にも公正証書遺言と言うものがあります。

 

自筆遺言書と公正証書遺言の違いは、法的に効果があると認められた遺言書かどうかです。

 

どう違うかと言うと、自筆遺言書が出てきたらそれが法的に問題ないか内容をチェックされます。

 

それに対して公正証書遺言は、
既に法律的に問題ないとお墨付きがあるので、遺言内容がすぐに執行されるのです。

 

そして、この公正証書遺言の費用は、
相続する遺産の金額が高いほど手数料が増える仕組みになっています。

 

具体的には、相続金額が100万円程度なら手数料5,000円、
1,000万円になると手数料は1万7,000円ぐらいになります。

 

少額の相続なら自筆で遺言書を書く方がよいでしょう。

 

もし相続する金額が億を超えるようなら、
より確実な対応として、公正証書遺言を利用する方がよいです。

 

金額が大きくなればそれだけ争いの火種は増えるものです。

 

別の手段として、遺言作成キットのようなものが書店が販売されているので、それを利用します。
数千円で販売されており、これに従って遺言を作成すれば法的に条件を満たした遺言書が作れます。
費用を安く抑えられるのでおすすめだと言えます。

 

 

遺言は死んでからしか執行されません。
死んでからではそれが正しく執行されたか確認は不可能です。
だからこそ、家族に迷惑を掛けないように確実な遺言書を残すようにしましょう。

<⇒遺言書の保管方法