非常に多くの注意事項があり日付が無いだけでも遺言書は無効になるのです。

遺言書が無効になるケース

MENU

遺言書が無効になるケース

 

がんばって書いた遺言書が無効になるケースがあります。
法律の条件を満たしていないため、内容に従う必要がなくなるのです。

 

そんな悲しい結果にならないように、
無効になるケースをしっかりと把握しておきましょう

 

 

まず、代理人や他人の意思が介入した遺言は無効となります。
これは本人の意思ではないと見なされるからです。

 

年齢も15歳以上で無ければ遺言書を書いても無効となるのです。

 

そして、最も覚えておかなければいけないのが、
遺言作成時に作成した本人が認知症などになっていた場合も遺言が無効になってしまいます。

 

認知症になりかかってから慌てて遺言書を書いても、それは既に遅いのです。

 

必ず意思能力がある健康な状態の時に遺言書を残すようにしましょう。
遺言書は更新することが可能です。
少し早い時期に用意しておくぐらいがちょうど良いのです。

 

 

 

自筆で遺言書を残す場合も以下のケースに注意しましょう。

 

NG

パソコンで書いた遺言書は無効になります。
必ず自筆で書くようにしてください。
やはりパソコンでは誰でも簡単に偽造できてしまうため、本人だと特定するためにも自筆が大切です。

 

また、ボイスレコーダー等で録音した遺言も無効になります。書くのがめんどうだからと言って、録音するのは止めましょう。

 

遺言書を他人が代筆した場合も無効です。
どんなに内容が正しくても代筆は認められていません。
最近では遺言書の代筆をすると言って高額な料金を請求する詐欺もあります。
絶対に引っかかってはいけません。

 

他にも、日付が無い遺言書は無効です。
○年○月○日まで書かなければいけません。
○日が抜けているだけでも無効となります。

 

氏名が書いてないのもダメです。

 

他にも細かい決まりがあり、1つでも違反すれば遺言書の効力は失われるのです。

 

 

書く時はどのようにすれば良いのか入念に確認しておきましょう。
とは言え、素人の判断では限界があるため、専門家の助力を得る方が確実です。
些細なミスで遺言書が無効にならないように気を付けてください。