公証人に依頼して作成する遺言書は公証役場に保管されるので、改ざんや紛失の心配がありません。

遺言書はどこに保管するの?

MENU

遺言書はどこに保管するの?

 

疑問

 

遺言書を保管する場所ですが、これはものすごく重要です。

 

なぜなら、せっかく作成した遺言書が誰にも発見されない可能性があるからです。
本の間に挟んで隠していたとしたら、間違って捨てられてしまうこともあり得ます。

 

だからと言って、誰にでも見られる所に放置しておけば、
誰かが中身を読んでしまうかもしれません。

 

その内容が自分に不都合であれば処分されてしまうことさえあるでしょう。
こっそりと遺言内容を書き換える悪質なケースも存在します。

 

死んだ時に必ず見つけてもらえて、それまでは見つからない場所
そこに隠さなければいけないのです。

 

 

運良くそのような場所があれば良いですが、多くの人は悩んでしまうでしょう。

 

そこで活用したいのが信用できる第三者に預けると言うことです。

 

家族に預けるのも良いでしょうが、やはり改ざんや破棄されてしまう可能性がありますし、
別の家族から預けた人が改ざんしたのではと疑うきっかけにもなってしまいます。

 

そのため、信用できる第三者としてふさわしいのが弁護士行政書士などの専門家達です。

 

この時、遺言書の中には預けた人を遺言執行者として記載しておきましょう。

 

このように信頼できる第三者に預けておけば、改ざんや紛失の可能性は無くなります
遺言を分配する時も専門家が適切に処理してくれるため、家族に手続きの手間はかかりません

 

 

問題が起きないように保管場所には注意してください。

 

専門家を頼らず身近に隠して失敗しているケースは非常に多いのです。
遺産を均等に分配してから何年も経って遺言書が見つかり、それが発端となる争いもあります。

 

公証人に依頼して作成する遺言書もあり、その場合は公証役場に保管されます。
こちらの場合も改ざんや紛失の心配はまったくありません。

 

しかし、公証役場に遺言書があることは誰かに伝えておく必要があります
遺産の相続人が問い合わせすれば遺言書の所在を教えてくれます。

 

 

遺言書を書いた時点で安心してはいけないのです。
しっかりと保管して、それが見つかるようにするまで遺言書の準備だと考えましょう。

<⇒遺言書の書き方