自筆遺言の具体的な作り方

遺言者の自筆による自筆遺言

MENU

遺言書の種類…自筆遺言

 

遺言書には、自筆遺言公正証書遺言があり、自宅で簡単に作成できるのは自筆証書遺言です。

 

遺言書には、自筆遺言、公正証書遺言がありますので、自分や家族の状況に合わせて、適している方法で遺言を作成しましょう。

 

日付、氏名、遺言の内容がすべて自筆で書かれており、署名、押印があれば、法的に効力のある遺言書として認められます。

 

書式に不備があったり、訂正箇所が正しい方法で訂正されていなかったりすると、法的効力を持たない遺言書となってしまいますので、正しい書式で作成しましょう。

 

自筆証書遺言は必ず、自分自身で書き込むことが基本的な条件です。

 

代筆を頼んだり、パソコンで作成したりした遺言書は、自筆証書遺言とは認められません。

 

病気やけがで、自力で文字を書くことができず、介添えをしてもらって遺言書を作成した場合には、介添えをした人の意思が遺言書の内容に影響していないと認められた場合には有効になることもありますが、無効と判定される恐れもあります。

 

このような場合には、筆跡鑑定が必要になることもありますので、自力で文字か書けないような状況であれば、公正証書遺言を作成したほうが、トラブルにならずに済む可能性が高いです。

 

自筆証書遺言には、遺言書を作成した年月日も必ず記入します。

 

遺言書を作成後に内容を変更する場合には、訂正箇所に署名、押印をし、変更理由を書き込まなくてはならず、正しく訂正されていないと無効になってしまいますので、変更する必要が生じた場合には、新たに作成しなおす方が、間違いがありません。

 

遺言書には作成した年月日が記入されているので、数通の遺言書があったとしても、最も新しい遺言書が有効な遺言書として採用されます。

 

自筆遺言証書は、気軽で自宅で作成できますが、家族に発見してもらえない、家族の誰かに内容を変造される恐れがある、自分だけで作成するので、書式に不備があっても専門家に確認してもらえないなどといったことの他に、家族が遺言書を発見した際には、勝手に開封することができず、家庭裁判所で検認手続きをしなくてはいけないという規則がありますので、注意しましょう。

 

⇒より確実にするためには公正証書遺言がおすすめです