遺言書を遺す意味ってなんだろう?

遺言書は遺された家族へのメッセージ

MENU

遺言書を遺す意味

 

遺言状は残された家族にとって、財産の多い、少ないにかかわらず、故人からの最後の大事な贈り物です。

 

遺言書は、自分がいなくなった後、残された家族が幸せに暮らしていけるようにアドバイスをしたり、これまでの感謝の気持ちを伝えたりする為に遺すものです。

 

従って、莫大な財産があるわけではないし、その為には、家族に遺産問題などの争い事がおこらないよう、遺産の分割について明確にしておくことが大事です。

 

普段は仲の良い兄弟姉妹であっても、それぞれが家庭を持つ立場になると、遺産を巡って、思いもよらないトラブルがおこり、兄弟姉妹の関係がギクシャクしてしまうことにもなりかねません。

 

基本的に、遺言書が遺されていなかった場合には、法定相続分という民法で定められた割合で遺産を分割しますが、土地や家屋など、分割が難しい財産がある場合、夫婦に子がいない場合、兄弟姉妹のうちの誰かが結婚後も親と同居し、介護などをしていた場合、兄弟姉妹のうちの誰かが、亡くなった親に、財政的な負担をかけていた場合、再婚をして、腹違いの兄弟姉妹がいる場合、兄弟姉妹の中に障害のある子がいる場合、兄弟姉妹の内の誰かに家業や事業を継がせたい場合、慈善団体に遺産を遺したい場合など、それぞれの家族には様々な事情があり、一概に法定相続分という方法で遺産を分割することができるものではありません。

 

遺言書は家族の事情をよくわかっている本人が作成するものなので、残された家族全員が納得できるような方法で遺産を分割することができます。

 

そして、そのような遺言書が遺されていれば、遺された家族全員が、遺産の分割に納得でき、お互いに不満を持つことなく、遺産を分割することができるので、遺産は有効に活かされることになるのです。

 

遺言書を書くにあたっては、家族の状況を考慮し、内容だけではなく、どのような形式の遺言状を遺すかということも重要なポイントです。

 

せっかく遺言状を残しても、発見されなかった、発見されたが法的な効力が無かった、第三者に内容を変更されてしまったなどというようなことにならないような遺言状を残しましょう。