子供がいない場合の夫婦遺言

子供がいない場合におススメの夫婦遺言

MENU

夫婦遺言について…お子様のいらっしゃらないご夫婦

 

夫婦で相談して、同じ内容の遺言をそれぞれ作成するのが夫婦遺言です。

 

お子様のいらっしゃらないご夫婦、高齢のご夫婦には、特にお勧めします。

 

子のいない夫婦の場合の法定相続遺産の相続分は、被相続人に親兄弟がいなければ、配偶者が100%相続することになりますが、被相続人に父母がいた場合には、被相続人の父母が3分の1、配偶者に3分の2、被相続人に兄弟姉妹がいた場合には、4分の1が被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が無くなっている場合には兄弟姉妹の子)、配偶者が4分の3という割合です。

 

もし、父母や兄弟姉妹とは、ほとんど付き合いが無い、父母も兄弟姉妹も亡くなっており、兄弟姉妹の子供たちと付き合いが無い、現在住んでいる住居にそのまま配偶者が住み、暮らしていけるようにしておきたいなどの理由から夫婦がお互いに、自分の亡き後、自分の配偶者にすべての遺産を遺したいと考えているならば、遺言書を作成することで、配偶者がすべての遺産を相続することができます。

 

法定相続分に従って、分割しなくてはならなくなった場合、現在の住居を売却して、遺産を分割しなくてはならないような事態を避けることができ、残された配偶者の残りの人生を守ることができます。

 

また、被相続人の兄弟姉妹、又は、甥や姪の人数が多かった場合、その全員が相続放棄をすれば、配偶者がすべての遺産を相続できますが、全員の所在地を確認し、連絡を取り、相続放棄をお願いし、戸籍謄本を取り寄せるなど、遺産を相続する為に、膨大な手間と心労がかかります。

 

その様な事態にならないよう、夫婦で、お互いに内容を確認し合い、残された配偶者が、全ての財産を引き継ぐことができるような内容の遺言書を作成しておくことが大事なのです。

 

遺言書を作成する際には、残された配偶者の亡き後、親族の誰かに遺産を相続させ供養をお願いする、永代供養の費用として使う、慈善団体に寄付するなど、財産をどうするかということについての予備的遺言をつけておくこともできます。

 

⇒更に夫婦遺言について詳しくみる